ダイヤモンド品質の4C

それぞれのダイヤモンドは唯一無二であり、時間、場所、変化による奇跡です。そして、それぞれが価値を確立するための特別な品質を持っています。GIAは、ダイヤモンドを表現するための最初の、そして現在世界的に受け入れられている基準を作りました。

カラー、クラリティ、カット、カラットです。

ダイヤモンドの品質に関するGIAの4Cは、ダイヤモンドを購入する方法を学ぶのに役立ちます。この基本的な知識は、ダイヤモンドの品質の謎を解くだけでなく、ダイヤモンドの価値と価格を理解するのに役立つことでしょう。

  • ダイヤモンドの色 : ほとんどのダイヤモンドにおいて、この用語は色の欠如、すなわち無色性を評価する基準となります。 ダイヤモンドは無色に近いほど好ましく、価値も高くなります。 このような違いは肉眼では見えないものもありますが、その石の全般的な品質と価格に直接影響を与えます。
  • ダイヤモンドクラリティ  (透明度):ダイヤモンド内部の「インクルージョン」と外部の「ブレミッシュ」の量、サイズ、位置が評価されます。グレードには実質上無傷でインクルージョンがない「フローレス」から、インクルージョンや傷を多数含む「インクルーデッド」までがあります。
  • ダイヤモンドカット :ダイヤモンドの形ではなく、ファセットのプロポーションと配置、そしてクラフトマンシップの質を意味します。 ダイヤモンドのブリリアンス、きらめき、ファイアーの量はカットによって決まります。 グレードは「エクセレント」から「プア」まであります。
  • ダイヤモンドカラットダイヤモンドの重量を指します。 一般的にはカラット重量が大きいほど高価になりますが、 カラット重量が等しい 2 つのダイヤモンドでも、他の 3 つの C を考慮した結果、品質と価格が著しく異なることがあります。

 

 

4C とインターナショナル ダイヤモンド グレーディング システム™を開発した GIA は、宝石学の世界的な権威であるだけでなく、公平で客観的な評価を行う機関として世界中の人々に信頼されています。